• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年4月2日

新興化学工業、次世代太陽電池材料・CIGSの再生技術を開発

 レアメタル化合物メーカーの新興化学工業(本社=大阪市中央区)はこのほど、化合物系の次世代太陽電池材料「CIGS(銅―インジウム―ガリウム―セレン)」のリサイクル技術を国内で初めて開発した。尼崎工場(兵庫県尼崎市)で行うインジウム、ガリウム、セレンの回収技術を応用したもの。セレンを完全リサイクルでき、ターゲット材用の合金製造も可能なため、今後はそれらの優位性を生かしたい考えだ。

 研究では「CIG」ターゲット材の模擬スクラップを作製し、浸出・ろ過してインジウムとガリウムの混合物を分離。それを電解して純度99・99%以上のインジウム、99・9%以上のガリウムを抽出することに成功した。

 ターゲット材にガス蒸着で表面付着するセレンは、前処理の浸出・ろ過で銅とともに浸出させることを想定し、既存の湿式・乾式製錬設備で抽出する。同社は銅製錬副産物や複写機の使用済み感光ドラムを原料にセレンを回収しており、乾式では月10トンの処理能力を持つ。純度は最高99・999%まで製造が可能。

 CIGS系太陽電池はシリコン系と比べてエネルギー変換効率が高く、次世代太陽電池として有望視されている。来年には昭和シェル石油とホンダの国内大型工場が本格稼働に入る予定で、スクラップの再生ニーズはさらに高まりそうだ。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ