• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年7月13日

コベルコ科研、金属箔メッシュを開発 厚み薄く強度向上

 コベルコ科研(本社=神戸市中央区)は、ステンレスなどの金属箔を利用し、高精度に数十マイクロメートルの微細な穴を開けた金属メッシュ(金属箔メッシュ)を開発した。従来の細線を編んだメッシュと違い表面が平坦なため、厚みを薄くでき、強度のバラつきが少ない。2011年度には太陽電池の表面電極用スクリーン印刷用メッシュとして市場投入をめざし、工業用フィルターなど、スクリーン印刷以外の用途への展開を進める。

新製品・新技術 厚さ5―30マイクロメートル程度の金属箔は、加工工程で折れ曲がりやすいことなどから、スクリーン印刷などで求められる数10マイクロメートルの微細な穴を開けることは難しかった。開発した金属箔メッシュは、フォトリソグラフィ(光を使った写真蝕刻技術)とエッチングの技術を採用。

 従来スクリーン印刷用の金属メッシュは、ステンレスの細線を織ったものが主流だが、これらのメッシュの厚みは細線の交差部で決まり、線径の2倍程度(40―100マイクロメートル)となっていた。細線の交差部が出っ張っているため、印刷表面に凸凹が生じたり、印刷を繰り返すとメッシュが変形し、印刷寸法に誤差が生じるなどの課題があった。

 開発品は、1枚の金属箔に穴開けしているため伸びが少なく、印刷を繰り返しても印刷位置のズレを従来比で約半分に低減し、高い印刷位置精度を実現。また、印刷したい部分だけに穴開け加工することもできるため、強度向上と長寿命化なども期待できる。

 当面はスクリーン印刷用メッシュとしての本格採用を推進。ステンレス箔以外のニッケルや銅などの金属箔の加工もできる。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/01
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.59ドル (-3.66)236.59ドル (-4.11)

 換算レート (TTS) 115.39円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/01調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 692 687 690 685
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 192 187 192 187

非鉄金属市場価格へ