• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年8月5日

JFEエンジ、太陽光発電 タワー集光型を開発

 JFEエンジニアリング(岸本純幸社長)は4日、タワー集光型太陽光発電(タワーCPV)技術の開発に成功したと発表した。

 タワーCPVは、ヘリオスタットを用いて、太陽光を高さ20メートルのタワー上部に設置したレシーバー(二次集光機能付き多接合型太陽電池セル=レアメタル使用、第3世代タイプ)に集光し、直接発電する。30基のヘリオスタットで行った実証試験では集光倍率700倍、太陽電池モジュール1基で、最大26%の発電端効率を実現した。従来型の太陽光発電システムと比べ、発電端効率は2倍以上となり、セルの単位面積当たりでは約1400倍の発電量を得ることが可能。

 今回は「高倍率集光技術」として、ヘリオスタット(一次集光)とレンズ構造のレシーバー(二次集光)の最適配置によって、高集光倍率を確立。また、「レシーバーの水冷式冷却技術」では、レシーバーに集光した場合、太陽電池セルの温度が高温になるため、耐熱温度以下に抑える必要があるが、製鉄で培った高炉炉体冷却技術を応用して独自の技術を確立。使用した冷却水は温水として熱回収することができ、冷却水を循環使用するため、水の少ない地域でも設置が可能になる。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/06
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
212.08ドル (0.43)238.26ドル (0.48)

 換算レート (TTS) 114.58円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/06調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 703 698 701 696
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ