• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年9月27日

神戸製鋼、純チタン薄板2種開発 プレート式熱交換器向け

 神戸製鋼所は26日、プレート式熱交換器(PHE)向け純チタン薄板の新製品を2種類開発したと発表した。潤滑プレコートチタン板と高伝熱チタン板で、PHEの性能向上や省エネが図れる。両製品ともに商品化は世界初。

 潤滑プレコートチタン板は、純チタン薄板に厚さ約1ミクロンの潤滑皮膜をコーティングしたもの。潤滑皮膜は樹脂(レジン)にシリコンとワックスを配合したもので、需要家が所有する既存のアルカリ脱脂ラインに浸せば1分ほどで除去できる。同社によると、潤滑皮膜コーティングは鉄やアルミの薄板ではすでに行われているが、チタンに用いるのは世界で初めて。

 これまで需要家がチタン薄板をPHE向けに加工する場合、塩ビなどでできた潤滑フィルムを事前に貼り、加工後に剥がすか、プレス油を用いる。潤滑プレコートチタン板はフィルムを使う必要がなく、これまでより生産性の向上が期待できる。着脱に伴うコストや使用済みフィルムの廃棄処理も不要になる。

 プレス油を使用する需要家も、油の使用量を減らせる。また同じ素材なら従来よりも約10%深く成形できる。板厚を約10%薄くすることが可能になり、需要家は素材使用量をこれまでより減らすことができる。一方で強度は約20%高まるので、PHEの流体速度を速くすることができ、製品の高性能化やコンパクト化が図れる。

 もう一つの高伝熱チタン板は表面に数十ミクロンの高さの微細な突起を1平方センチ当たり数百個つけ、熱伝達を高めた新製品。

 媒体沸騰型のPHEにこの製品を使用すると、熱伝達効率が10%以上向上するという。このため伝熱プレートとして使用するチタン板の枚数を減らすことができるほか、熱源として用いられる流体の使用量削減や、配管・ポンプなど設備の縮小を図ることが可能になる。設備全体をコンパクト化でき、省エネや省資源にも寄与できる。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/05
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.65ドル (-0.19)237.78ドル (-0.21)

 換算レート (TTS) 114.81円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/05調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 682 677 680 675
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ