• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年2月23日

古河スカイ、リチウムイオン電池集電体を開発 高容量化に対応

 古河スカイは22日、リチウムイオン二次電池集電体「ファスポーラス」を開発したと発表した。スポンジのような多孔体にすることで、従来のアルミ箔集電体に比べ単位面積当たりの容量を大きくでき、高容量化への対応が可能になった。近年、リチウムイオン二次電池の高容量化が進み、アルミ箔への性能要求も厳しくなっている。同社では今回の製品でこうした需要に応えたい考えだ。

 ファスポーラスは立体の中にたくさんの孔がある「三次元多孔体構造」。孔が占める割合は最大で95%になる。多孔体にすることで、表面積を従来より多く確保することができた。素材には良導電性の高純度アルミを多用しつつ、強度も保持している。

 リチウムイオン二次電池の正極は、電気をためる物質(活物質)とその働きを助ける導電助材、これら2つの材料を密着させるバインダーからなる。活物質と導電助材、バインダーを総称して合材層と呼ぶ。

 従来のアルミ箔を使用した電極では、活物質を有効に働かせるために合材層の厚みに限界があった。電池セル単位での容量を上げることにも限界があり、高容量の電池を得るには電極を積層する必要があった。古河スカイは合材層の保持力を高め、電池セル単位の容量を上げることが可能な構造を検討した結果、立体構造を採用した。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/01
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.59ドル (-3.66)236.59ドル (-4.11)

 換算レート (TTS) 115.39円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/01調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 692 687 690 685
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 192 187 192 187

非鉄金属市場価格へ