• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年12月6日

古河電工、世界最高の導電率ポリマーフリーカーボンナノチューブ線を開発

 古河電気工業は5日、湿式紡糸法による世界で最も高い導電率を有するポリマーフリーの高密度カーボンナノチューブ(CNT)線を開発したと発表した。絶縁体のポリマーを含まず、密度も高めたことで、導電率は従来の湿式CNT線と比べ20倍以上に改善。銅線などとの差はまだ大きいものの、さらなる高密度化などの研究を進め、将来的に軽くて高強度な自動車用ワイヤハーネスなどとして実用化を狙う。

 CNT線は、乾式と湿式の紡糸法がある。湿式紡糸法は、溶液中に分散させた細かいCNTに凝固液を加え、線を形成する方法。従来は凝固液に接着剤の役割を果たすポリマーを加えており、これが導電率を上げるうえで障害になっていた。

 産業技術総合研究所との共同研究により、カーボンナノチューブを適切に分散し、凝固液にポリマーを含まない有機溶剤を用いて高密度に紡糸するプロセスを開発。導体1センチメートル当たりの電気伝導率を2800ジーメンスと、従来品の100ジーメンスから大幅に高めるのに成功した。長さは約80センチメートルまで造れる。

 CNTの比重は銅の6分の1程度。自動車用ワイヤハーネスなどで銅線に混ぜたり、置き換えたりすることで、軽量化につなげられる可能性があるとみている。

 ただ、銅線やアルミ合金線と比べると導電率はまだ2桁の差がある。CNT線を電線用途で実用化するには、導電率をさらに大きく高めることが必要となってくる。同社は、CNT素材の高純度化と、線の高密度化技術で将来的な実用化を目指す。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/03/21
H2新断プレス
29400円 (―)32300円 (―)
259.26ドル (2.45)284.83ドル (2.68)

 換算レート (TTS) 113.4円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/03/21調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5400055000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7100073000
鉄スクラップ
H22050017500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 686 681 684 679
電気亜鉛 356 350 356 350
電気鉛 307 304 307 304
アルミ二次地金 99% 223 218 223 218

非鉄金属市場価格へ