• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年2月26日

愛知製鋼、日本初の鉄入り土つくり肥料を販売

 愛知製鋼は25日、日本初の鉄入り土つくり肥料「鉄みどり」の販売を開始したと発表した。独自開発の「酸化第一鉄」を効果発現促進剤として配合したもの。

 「鉄みどり」は植物に効率よく栄養を供給できる発酵有機質肥料をベースに、植物に必要な鉄イオンを土壌中で安定して緩やかに溶出できる酸化第一鉄を組み合わせた肥料。既存の「鉄力あぐり」が植物活性剤であることに対し、農林水産省の普通肥料登録(登録番号:生第92741号)を取得した鉄みどりは、そのまま単独肥料としての使用や、配合用肥料の原料としても使用可能なことが特徴だ。

新製品・新技術 主な効果は土壌改良、鉄分供給で、花や野菜、茶など農作物全般で葉緑体(素)の増加による光合成能力や呼吸機能の向上、窒素同化の向上、根張り促進への効果も見込まれ、減肥効果や農産物の成長促進などに寄与。長年栽培を続けている圃場では、りん酸の蓄積やph値の変動、また異常気象による負荷を受けて、植物が全生育期間において必要な鉄分の吸収がしにくくなる問題などに対応している。

 容量は20キログラム袋入り、フレコン入り。形状は粉状、ペレット状を用途により選べる。配合成分は窒素3%、りん酸4%、カリウム3%、酸化第一鉄(鉄として)11・25%。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/07
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.97ドル (-1.11)237.02ドル (-1.24)

 換算レート (TTS) 115.18円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/07調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 698 693 696 691
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ