• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2009年3月13日

高炉薄板、輸出回復 道のり遠く

 高炉メーカーの薄板輸出の苦戦が長引きそうだ。政府の景気対策などを後押しにインドや中国で自動車販売が前年同月比プラスになるなど一部地域で需要の底入れ気配が起きているものの、本格的な回復までにはまだ遠く、アジア地域ではメーカーの乱売合戦の様相を一段と強めている。

 すでにホットコイルは500ドルを割り込むような状況で、貿易関係者からは「受注しようと思うと400ドル台前半」との声もあり、日本の高炉メーカーにとっては出血覚悟の価格レベル。高炉メーカーの輸出担当者は「価格、数量ともに厳しい状況。7―9月にはある程度正常化すると期待しているが、10―12月まで延びる可能性も高い」と話す。 ...

産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/01
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.59ドル (-3.66)236.59ドル (-4.11)

 換算レート (TTS) 115.39円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/01調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 692 687 690 685
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 192 187 192 187

非鉄金属市場価格へ