• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年8月25日

異形棒市況が小反発

 関東地区の異形棒鋼市況は、約3カ月ぶりに小幅ながら反発した。ベースサイズで前週比1000円(約1・8%)上昇、直送トン5万7000円どころで基調を強めている。

 原料鉄スクラップ価格の反転を受け、小棒電炉メーカー各社は販売価格の改善に取り組んでおり、商社や特約店など流通サイドも値上げ浸透に余念がない。これから本格化する商談では、6万円超の市況形成を念頭に、着実に値戻しを進めていく考えだ。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/04/26
H2新断プレス
26500円 (-200)29500円 (-200)
235.91ドル (-4.78)262.62ドル (-5.12)

 換算レート (TTS) 112.33円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/04/26調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5600055000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7400073000
鉄スクラップ
H21750016000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 655 650 653 648
電気亜鉛 329 323 329 323
電気鉛 299 296 300 297
アルミ二次地金 99% 231 226 231 226

非鉄金属市場価格へ