• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年8月15日

12年上期回顧と秋口見通し、関西・Ni系ステン冷薄

 上半期の関西地区のニッケル系ステンレス冷延薄板は、前半は原料高を背景としたステンレスメーカーの製品値上げを受けて、流通筋も再販価格への転嫁に注力していた。しかし、その後はニッケル価格が再度下落傾向に転じたことで、マーケットは買い控えや当用買いに徹するなど慎重な購買姿勢が大勢となり、建築関連など自動車以外の需要の回復も遅れたことなどから、市中価格は6月ごろからジリジリと下落。それ以降もロンドン金属取引所(LME)ニッケル価格の軟調に歯止めがかからない状況下で、製品の先安観が依然色濃く残る市中では、秋以降も一段安の懸念が出てくるなど、下値寄りの展開が続きそうだ。

 ニッケル価格は昨年11月から上昇場面となり、本年1月平均価格はポンド8・99ドル、2月平均は同9・28ドルまで上昇。これらの動きを受けて、新日鉄住金ステンレスをはじめ国内メーカーは春先にかけて相次いで製品値上げを表明した。市中では、しばらく市況の下落局面が続いていたことで、流通筋では在庫の評価損が発生し、業績悪化の要因となっていた。ことため、採算回復のためにも、流通筋ではメーカー値上げ分の再販価格への転嫁を目指したが、3月以降にLMEニッケル価格が右肩下がりに転じたことで、それらの機運も払しょく。流通各社の収益は、それ以降非常に厳しい状況が続き、販売量も前年同期比で1―2割程度の落ち込みが続いている。在庫調整を急ぐも、肝要の荷動き自体が鈍化しているため、なかなか進ちょくせず、価格面での競争が厳しくなっていることが市況下押しの要因となっている。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/07
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.97ドル (-1.11)237.02ドル (-1.24)

 換算レート (TTS) 115.18円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/07調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 698 693 696 691
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ