2019年10月15日

台風19号 東亜通商、横山鋼業など被害 復旧見通し立たず

台風19号は福島県郡山市田村町にある工業団地、宮城県伊具郡丸森町において甚大な被害を及ぼした。郡山では阿武隈川の支流、谷田川の氾濫により、地上2メートル近くが浸水し、普通鋼鋼材加工の東亜通商や特殊鋼プレート加工の横山鋼業などが大きな被害を受けた。機械設備の電気系統が水に浸かったため、動かすことができず、現時点で復旧の見通しは立っていない。ある工場では「本日夕に設備メーカーが点検に来る。そこである程度の判断ができると思う」と話した。15日は社員総出で泥水を吐き出す作業に追われた。

阿武隈川が氾濫し、町役場が浸水した丸森町では停電と断水が続いており全容の把握ができていないという。役場関係者は「これまで経験したことのない水害で、行方不明者もいる。今後は全く分からない」と神妙に話した。

おすすめ記事(一部広告含む)