2013年12月16日

中国、日本製税率36・6%に 合金鋼継目無鋼管AD仮決定

 中国の商務省は13日、日本、欧州連合(EU)、米国製の高温高圧用合金鋼継目無鋼管輸入に対するアンチダンピング(AD)調査で、不当廉売を認める仮決定を発表した。日本製で36・6%のAD税率を設定し、預託金として17日以降徴収する。

おすすめ記事(一部広告含む)