2017年7月21日

POSCO 4-6月、純利益45%減少

 韓国のPOSCOが20日発表した4―6月決算によると、連結純利益は5301億ウォン(521億円)と1―3月比45・7%減った。営業利益は28・3%減った。浦項製鉄所第3高炉の拡張、熱延、厚板工場の改修などの影響で生産、販売が減ったうえ、会計上最も原料が高かった1―3月分の消化が響いた。過剰能力を抱える中国の鉄鋼産業構造調整、先進国の景気回復で鋼材需要増が続くとみており、財務健全性を確保しながら、コスト削減、高付加価値品の販売拡大を通じた収益確保策を継続する。

おすすめ記事(一部広告含む)