2018年5月21日

越FHS、第2号高炉火入れ

 JFEスチールは21日、同社が出資するベトナムの高炉一貫メーカー、フォルモサ・ハティン・スチール(陳源成董事長、FHS)が第2号高炉の火入れを18日に行ったと発表した。第1高炉を2017年5月に稼働させており、第2高炉立ち上げで第1期、年産能力700万トンの計画が完了した。量産体制を早期に固め、拡大するベトナムの鉄鋼需要に対応する。

おすすめ記事(一部広告含む)