2018年6月6日

中国鋼材、市況再び上げ足強める

中国の鋼材市況が再び上げ足を強めている。上海の熱延コイル市況は1日にトン4340元(約7万4600円、増値税込)と前週比1・4%高。建築・製造業とも需要が堅調で鋼材の市中在庫が5月に大きく減少。強気の鋼材先物相場も上げ材料となっている。近年最高値の昨年12月の水準と100―200元の差に近づいたが需給に緩みは見られず、6月も高位を保つ見込みだ。

おすすめ記事(一部広告含む)