2018年8月15日

東国製鋼4―6月、2四期連続赤字に

 韓国の東国製鋼が14日発表した4―6月決算によると、連結純損失は1902億ウォン(189億円、前年同期は694億ウォンの損失、1―3月は389億ウォンの損失)と2四半期連続の赤字だった。レアル安によるブラジルのスラブ製鉄事業、CSPの評価損、ウォン高による為替差損が響いた。副原料コスト高もあったが、営業利益は323億円と1―3月比56・6%増えた。7―9月は条鋼、厚板、カラー鋼板など全般的な価格上昇により収益改善を見込む。

おすすめ記事(一部広告含む)