2018年11月8日

中国上場鉄鋼15社、7―9月期業績好調

 【上海支局】中国上場鉄鋼上位15社の7―9月期の営業利益は8割が大幅増を続けた。鋼材の販売価格が上がり、原料価格が安定した。10―12月期は経済の減速や米中貿易摩擦の影響で鉄鋼大手の主要ターゲットである鋼板分野の需要が一部後退。鋼板価格が軟化する一方で原料価格が上がり、利益が落ち始めているようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)