2019年11月19日

中国上場鉄鋼15社、1社除き純損益悪化

 中国上場鉄鋼主要15社の7―9月期の連続純損益は14社、9割強が悪化した。普通鋼主力13社が4―9割の減益、1社が赤字に転落した。鋼材市況が下がり続ける中で鉄鉱石価格が高騰したため。10月以降も鋼材市況の軟化は止まず、鉄鉱石価格は下がったものの低収益が続く見通し。環境規制による操業制限で鉄鋼生産は減る見込みだが需要も減速し、軟調な鋼材市況が企業収益の回復を鈍らせるようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)