2020年7月17日

中国鋼鉄、9月国内向け販価引き上げ

台湾の中国鋼鉄(CSC)は17日、9月の台湾国内向けの鋼材販売価格を引き上げると発表した。3カ月連続の値上げ。上げ幅は熱延鋼板でトン300台湾ドル(約1100円)。国際鋼材価格が緩やかに上昇し、一方で原料価格が高位にとどまっているため、値上げの継続を決めた。通貨台湾ドルの上昇が鋼材輸入を有利にしている現状を考慮し、小幅の調整にとどめた。

おすすめ記事(一部広告含む)