2020年11月16日

台湾CSC、12月鋼板販価上げ 6カ月連続

 台湾の中国鋼鉄(CSC)は13日、12月の鋼板販売価格を引き上げると発表した。上げ幅は熱延鋼板でトン300台湾ドル(約500円)と6カ月連続上げた。「自動車や家電などの需要が高まり、米大統領選の不確実な要因が徐々に消え、国際鉄鋼市場が上昇している」(同)。製造業の需要期を迎えたことも理由に挙げた。

おすすめ記事(一部広告含む)