2020年10月26日

中国 鋼板輸出、低水準続く

 中国の鋼板輸出が秋も低い水準にとどまっている。9月に224万トンと前年同月比32・7%減り5カ月連続減少。国内の堅調な需要と高位の鋼板価格が鉄鋼企業の輸出意欲を削いでいる。10月は内需が高い水準を保ち、鋼材価格が上がっており、輸出は当面増えそうにない。冬季は建設の不需要期を迎え、2月中旬の春節(旧正月)前に製造業も需要が停滞するため、鉄鋼企業が余剰の鋼材を海外に振り向ける可能性はある。

おすすめ記事(一部広告含む)