2021年3月12日

宝山鋼鉄、4月積み鋼板値上げ 熱延コイルで5000円

 中国薄板最大手の宝山鋼鉄は4月積みの鋼板類の販売価格を引き上げた。上げ幅は熱延コイルでトン300元(約5000円)。前回は据え置いたが、鉄鉱石や鉄スクラップなど原料価格が高騰し、鋼材市況が10年ぶりの高値となった春節(旧正月)明け後の市場の状況を考慮したとみられる。原料高が続く中、インフラ投資など政府の景気対策を見込み、5月積み以降、値上げを続ける公算が大きい。

おすすめ記事(一部広告含む)