2021年4月1日

中国政府 輸出税還付を一部撤廃 鉄鋼生産を抑制へ

【上海支局】中国の財政省と国家税務総局は1日、鉄鋼の輸出時増値税の還付率を一部製品で撤廃すると発表したと複数の現地メディアが同日に報じた。熱延・酸洗鋼板と中厚板、鉄筋用棒鋼など汎用鋼材について従来の13%からゼロとし、冷延鋼板や亜鉛めっき鋼板は13%を4%に引き下げた。4月10日付で適用する。粗鋼生産を抑制し、CO2排出を削減する政府方針に基づいた措置。税還付の撤廃・引き下げで鋼材輸出が減少に向かい、国際鋼材市況の上昇につながる可能性がある。

おすすめ記事(一部広告含む)