2021年10月18日

リオティント 銅鉱石19万ー21万トンに下げ

 英資源大手リオティントが15日に発表した四半期生産報告によると、銅鉱石の生産見通しを引き下げる方針を示した。米ケネコット製錬所で9月に発生した事故で通期の生産見通しを19万―21万トン(当初は21万―25万トン)に引き下げた。アルミ地金は加製錬所で労働組合と新たな労働協約を結んだことから今後の生産は順調と想定。チタンスラグは生産計画の再調整を行う。

おすすめ記事(一部広告含む)