2021年10月14日

中国政府 粗鋼4カ月間減産へ 河北省など、来年3月まで

【上海支局】中国の工業情報化省と生態環境省は13日、北京・天津・河北と周辺地区で粗鋼生産量を11月15日から来年3月15日までの4カ月間、削減すると発表した。鉄鋼業のCO2排出削減を強化するとともに来年2月の冬季北京五輪に向けて大気汚染を防止する。電力不足への対応に加え、原料炭の使用を減らして高騰する石炭価格を抑えることも狙いとみられる。鉄鋼の需給がタイト化し、鋼材市況が高位にとどまる見込みだ。

おすすめ記事(一部広告含む)