2021年7月9日

宝武集団湛江 第3高炉8月稼働 粗鋼年産能力、華南最大1250万トンに

【上海支局】中国鉄鋼最大手の宝武鋼鉄集団は広東省の湛江製鉄所で建設中の第3高炉(炉内容積5050立方メートル)を今年8月に稼働させる。年産能力402万トン。完成後の同所の粗鋼生産能力は年1250万トンと華南地区最大の製鉄所となる。新鋭の圧延設備を備え、自動車向けなど高品質鋼板の供給力を増やし、華南地区や東南アジアなど国内外の成長市場を捉える。

おすすめ記事(一部広告含む)