2021年8月12日

中国鉄スクラップ輸入 上期急増もなお低水準

 中国の鉄スクラップの輸入量が1―6月に32万7200トンと前年のほぼゼロから急増した。日本からが最も多い。2019年7月に輸入制限を行い、今年1月1日に「再生鋼鉄原料」として輸入を解禁していた。ただ、海外産の価格高騰と厳格な輸入検査から需要の規模からみて大きくは増えていない。下期は中国が鉄鋼の減産にかじを切り、原料需要は減少する見通し。価格が高い水準を保つ間は輸入は少量にとどまりそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)