2021年9月15日

中国 市中鋼材在庫減続く 減産と需要活発化映す

【上海支局】中国の市中の鋼材在庫は9月上旬も減少が続いた。鉄鋼メーカーが政府の指示を受けて粗鋼生産を7月以降減らし、9月はメーカーの修繕計画が相次ぎ、さらに減産が強まる観測が広がっている。夏場に低調だった建設工事が動き出し、秋の需要期が本格化し始めている。減産と需要の活発化によって在庫は今後も減る可能性が高く、足元上伸している鉄鋼の半製品や製品の市況はなお強含む見込みだ。

おすすめ記事(一部広告含む)