2021年10月21日

台CSC、税引前利益が大幅改善 7―9月1070億円

 台湾鉄鋼最大手の中国鋼鉄(CSC)は7―9月期の連結税引前利益が267億3160万台湾ドル(約1070億円)と前年同期の81・6倍と大きく改善した。鋼材の販売価格が上がったため。前の期から20・9%増えた。台湾の需要は堅調だが東南アジアなど海外市場が新型コロナウイルス感染拡大の影響で不振が続き、普通鋼の鋼材販売量は232万9537トンと前年同期比5・0%減、前期比4・2%減少した。

おすすめ記事(一部広告含む)