2015年4月22日

東京製鉄、前期経常益4・4倍138億円

 東京製鉄が21日発表した2015年3月期の単独経常利益は、前期比4・4倍の138億5400万円となった。経常利益が100億円を超えたのは、09年3月期(553億円)以来6期ぶり。1株当たりの年間配当は6円(前期2円)と、05年3月期以来10期ぶりに増配する。「実需見合いの生産が収益に好影響を及ぼした」(今村清志・常務取締役営業本部長)。16年3月期経常利益予想に関しては120億円とし、「期待感はあるものの、不確定要素が多く、4―6月の状況を勘案し、慎重に予想した」(同)。1株当たりの年間配当は8円とし、2期連続での増配を見込む。

おすすめ記事(一部広告含む)