2022年5月24日

中国鋼材市況が続落 都市封鎖で需要減続く

 中国の鋼材市況が大きく下がっている。上海地区の熱延コイル市況は先週末にトン4780元(約9万5000円、増値税込)と1週間で150元、3週連続合計440元下がり、半年ぶりの安値。ゼロコロナ政策による都市封鎖で需要の減少が続いている。北京など他の都市でも移動が制限され、需要の減少基調が強まり、各地区で鋼材市況の下げが広がっている。

おすすめ記事(一部広告含む)