2021年4月13日

中国 鋼材市況が一段高 熱延コイル、過去10年の最高

中国の鋼材市況が大きく跳ね上がった。熱延コイルは先週末に上海でトン5640元(約9万5000円、増値税込)と1週間で140元上昇。北京で250元、武漢で270元上がり、過去10年の最高を記録した。河北省の唐山市政府が3月下旬に大型減産政策を執行し、中央政府が4月1日に鉄鋼の減産方針を示したことで需給が締まる観測が強まった。春の需要と原料高も加わり、鋼材市況はなお基調を強めそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)