2022年5月27日

1―3月期 中国鉄鋼企業、減益鮮明に

【上海支局】中国鉄鋼企業の業績が大きく後退している。上場鉄鋼31社の1―3月期の連結純損益は前年同期に比べ赤字5社、減益17社と7割が悪化。政府のゼロコロナ政策で需要が減速し、鋼材販売量が減少した。4―5月は上海はじめ各地で行われた都市封鎖の影響で需要が急減。原料価格が高騰する一方で鋼材市況が下がり、企業の赤字が広がった。ゼロコロナ政策はなお徹底され、需要の回復に時間を要するが、企業は景気対策を期待して粗鋼生産を増やしており、需給の緩みが招く鋼材安や鋼材輸出増への警戒感が国内外で強まりそうだ。






おすすめ記事(一部広告含む)