2022年6月21日

中国 鋼材市況が大幅反落 需要低調も粗鋼生産増

 【上海支局】中国の鋼材市況が反落し、大幅に下がった。需要が弱い中で粗鋼生産が増加し、需給が緩んでいる。上海市のロックダウンは解除されたが、ゼロコロナ政策から各地で都市封鎖が断続的に行われ、工場の操業や物流、個人消費など経済活動を阻害している。不動産投資の鈍化で鉄鋼需要の大半を占める建設分野や連動して消費が動く家電・自動車など製造分野の需要は当面低調に推移するとみられ、鋼材市況の下落基調が続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)