2022年6月24日

台湾CSC5月 3カ月連続減益 鋼材市況下落響く

台湾鉄鋼最大手の中国鋼鉄(CSC)は5月の税引前利益が44億4109万台湾ドル(約203億円)と前年同月比41・8%減り、3カ月連続減少した。アジアの鉄鋼需給が緩み、鋼材市況が下落。一方で原材料価格が高止まりし、前月比は21・6%減と3カ月ぶりに減少した。6―7月積みの販売価格を下げており、減益傾向が続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)