2022年8月4日

中国鋼材市況が反発 実需鈍く上値限定的か

 下がり続けていた中国の鋼材市況が先週に一時反転した。金融市場の動きに連動して先物の鋼材価格が底を打って上昇し、現物市況が反応した。共産党中央委員会政治局の先週の会議で需要拡大に積極的に取り組む必要性を強調し、財政・金融政策の実施を議論するなど政府の姿勢を市場が好感した。不動産建築や大雨など天候不順から実需は鈍く、需給の調整が遅れ、夏場の不需要期の中で鋼材市況の上昇幅は限定的となりそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)