2022年8月16日

韓・東国製鋼、ブラジル合弁CSP持ち分をAミッタルに売却 834億円で

 韓国の東国製鋼は12日の理事会で、ブラジルのスラブ一貫製鉄合弁事業、CSPの持ち分30%を8146億ウォン(834億円)で欧鉄鋼大手のアルセロール・ミッタルに売却を決めたと発表した。売却によって1兆ウォン規模の支払い保証を解消する。世界的な複合危機に備えるために先制的に対応するとし、潜在的なリスクの最小化により、信用度を高め、電炉、カラー鋼板事業など持続可能な成長に集中する。

おすすめ記事(一部広告含む)