2022年10月25日

中国鋼材輸出9月急減 海外需要低調で市況軟化 内需鈍く目先一定量保つ

 【上海支局】高水準を維持していた中国の鋼材輸出が9月に急減した。498万4000トンと8月に比べ19%減り4カ月連続減少。海外の需要が低調で鋼材市況が軟化したことが大きい。鋼材安による収益難からメーカーが9月下旬から粗鋼生産を減らし始め、回復を見込む内需向けに鋼材を振り向けているとみられる。粗鋼の減産傾向から10月以降も輸出の減少傾向が続く可能性は高いが、内需の勢いは鈍く、鋼板類中心に輸出は一定量を保つ見通しだ。
おすすめ記事(一部広告含む)