2009年1月9日

神戸製鋼、軽圧品も20―30%減産

 神戸製鋼所(アルミ・銅カンパニー)は、軽圧品の減産体制を強化している。景気悪化に伴う需要の急減速を受け、アルミ板、押出とも当初計画に比べ足元20―30%程度の減産を実施。アルミ鋳鍛造品も同水準の状態。

 ユーザー業界では、調整がさらに進んでいるところも多く、減産幅が一段と拡大する可能性もある。

おすすめ記事(一部広告含む)