2009年10月30日

神戸製鋼 アルミ・銅、営業黒字を確保

 神戸製鋼所が29日発表した2009年9月中間期連結決算によると、アルミ・銅カンパニー(連結)業績は、売上高1209億700万円(前年同期比46・8%減)、営業利益2億8900万円(同92・1%減)と、大幅減収減益ながら赤字を回避した。

 本年1―3月はリーマン・ショック後の景気悪化で需要が低迷したものの、その後、銅板条の急回復やアルミ缶材が堅調推移。地金価格が戻してきたことなどもあり、期初に見込んだ計画よりは上振れしている。
おすすめ記事(一部広告含む)