2009年1月27日

キッツメタルワークス、溶解鋳造設備を更新

 黄銅棒メーカーのキッツメタルワークスは生産拠点である茅野工場(長野県茅野市)の溶解鋳造設備を更新する。すでに入れ替え工事に着手しており、2月末からの稼働をめざす。

 地元のエンジニアリングメーカーと共同開発することで、投資額を約9000万円と、欧州メーカー製を購入した場合の半分程度に抑えた。今後は新しい設備を活用して生産性や品質の向上を図り、需要家の要望に応えたい考え。

おすすめ記事(一部広告含む)