2009年1月29日

大阪チタニウム、スポンジチタン増強計画修正

 大阪チタニウムテクノロジーズは28日、スポンジチタンの生産能力の増強計画を一部修正すると発表した。昨年10月に年産3万2000トン体制となったが、市場環境の変化のため、今年7月に出荷開始予定の第2期工事(年産6000トン)と10月出荷開始予定の第3期工事(年産3000トン)の完成をそれぞれ2年延期する。

おすすめ記事(一部広告含む)