2011年1月31日

大阪チタニウム、スポンジチタン 第3期設投再開

 大阪チタニウムテクノロジーズは28日、スポンジチタンとポリシリコンの生産能力増強を発表した。

 チタン需要急回復を受け、2年間凍結していたスポンジチタンの尼崎工場の第3期工事(年産3000トン分)を再開し、年産能力を3万8000トンから4万1000トンに8%引き上げる。需要旺盛な半導体用ポリシリコンも岸和田工場(大阪府岸和田市)に一部設備を追加し、年産3900トンに増強する。

おすすめ記事(一部広告含む)