2009年8月3日

アルミ二次合金 上期生産量が半減

 日本アルミニウム合金協会は31日、2009年上期(1―6月期)のアルミ二次地金同合金地金等生産実績をまとめ、生産量が27万7239トン(前年同期比51・6%減)、出荷28万5240トン(同50・4%減)となった。

 自動車不振が直撃し、生産・出荷の前年同期比マイナス幅は過去最大。半期別では生産が2期連続、出荷が3期連続で減少した。ただし、足元では緩やかながら需要が復調傾向をたどっている。
おすすめ記事(一部広告含む)