2009年9月9日

アルミ合金・再生塊、中・露産の調達再開

 海外アルミ玉に対する高値警戒感が薄らいだことに伴い、需要家の間で中国産アルミ二次合金やロシア産アルミ再生塊ベースメタル(AK5M2)の調達を約1カ月ぶりに再開する動きが広がりつつある。

 値上げが遅れていた日本産アルミ二次合金が続伸する一方、海外相場軟化を受けて「相対的に値ごろ感が出始めたことで、引き合いが増えている」(商社筋)とみられる。
おすすめ記事(一部広告含む)