2010年4月9日

マツダ、アルミ合金 例年並み調達

 マツダは本年、アルミエンジンに使うアルミ二次合金を約3万5000トン調達する。インゴットの状態で複数社から調達する。ここ数年はほぼ同量を調達しており、本年も例年並みに調達する計画。

 同社は広島県府中町の本社工場と広島県三次市の三次事業所でエンジンを生産している。デミオなどに搭載する排気量1・3リットルの「ZJ―VE」やアクセラやアテンザなどに搭載する排気量2・0リットルの「LF―VE」、排気量2・5リットルの「L5―VE」、ロータリーエンジンの「13B」などを生産。
おすすめ記事(一部広告含む)