2013年11月1日

神戸製鋼、アルミ板販売量13万トンに増

神戸製鋼所のアルミ・銅事業部門は、今年度下期(10―3月)のアルミ板の販売量を、上期より1万トン多い13万1000トンに引き上げる計画だ。輸出採算性の改善や品質での優位性を武器に、東南アジア向けなどでタブ材の輸出を積極的に増やす。通期の販売量は25万2000トンとなり、前年度実績の23万3000トンを2万トン弱上回る。

おすすめ記事(一部広告含む)