2010年2月3日

銅、7・5万トン供給不足 トライランド予測

 ロンドン金属取引所(LME)のリング会員である英トライランド・メタルズは、2010年の世界銅需給を7万5000トンの供給不足になると予測した。中国の需要増加などでファンダメンタルズが改善する。

 さらに基軸通貨ドルの軟調な値動きへの対応として非鉄金属への投資が続くと分析。3カ月先物の年平均価格はトン7700―8200ドルと予想した。アルミの需給も180万トン余剰から50万トン余剰へと改善を見込んでいる。平均価格は2000―2300ドルと予想した。

おすすめ記事(一部広告含む)