2011年3月10日

大木伸銅、12月期営業利益13・7億円と7倍

 大手黄銅棒メーカーの大木伸銅工業(本社=東京都板橋区)の2010年12月期単独決算(不動産事業含む)は、営業利益が前期比約7倍の13億7000万円だった。販売増と銅価上昇を受け、直近で最も高かった06年5月期の10億円を上回った。伸銅事業は2年ぶりに黒字回復。11年12月期は相場上昇による評価差益分の減少などを見込み、営業利益7億5000万円を目指す。
おすすめ記事(一部広告含む)