2011年4月7日

タングステン、最大1万トン供給不足

 レアメタル専門商社アドバンストマテリアルジャパン(AMJ、本社=東京都港区、中村繁夫社長)がまとめた2011年のタングステン世界需給は、最大1万トン(タングステン純分)規模で供給不足になる可能性がある。

 先進国の需要回復を背景に、世界需要は7万1000―7万5000トンと前年比で横ばいから6%増を予測。一方の供給は横ばいの6万5000トン程度とみており、超硬工具メーカーなど先進国の需要家は原料確保が一段と難しくなる見込み。

おすすめ記事(一部広告含む)